ハレ婚 1巻 見どころ 総まとめ

ハレ婚。スマホでハーレム漫画を読む! 1巻の 見どころに真に迫る"感想"と普通のあらすじ

KA547360.jpg

●感想

回れ右!な巻ですね。
お色気シーンはありますが、エロシーンはほぼありません!




どういうストーリーなのか知っておきたい方。




コレクション




です!




これだけだと身も蓋も無いので




これから続くハレ婚という作品への期待感に対しては読む価値があります。




1巻は恋愛運最悪な小春が龍之介、ゆず、まどかと出会い、
結婚を決意する話です。




ただ、個人的にイラストを描いたりするのが趣味なので
この本は物凄く参考になります。




なんだかんだ言って露出が多いシーンがありますし、
構図も参考になりますので。




 > ハレ婚 スマホでお得に読む方法のご紹介






●あらすじ

「サヨナラ東京」




小春が付き合った3人の男全員が既婚者




東京に疲れて地元の故郷に帰る小春。
しかし、数年ぶりの故郷は一夫多妻制度のとんでもない特別条例(通称ハレ婚)が敷かれていました。




父親の入院にお見舞いに行く小春はとある男に声を掛けられます。





「お父さん、残念だったね」






しかし、病室に向かうと父親は元気そう。




母親と父親に、実家に戻りたいことを話、
喫茶店の手伝いをすることを告げますが、




父親はもう元のように歩けないので、
喫茶店は辞めるしかないと母に言われてしまします。




小春は父親の代りに店を継ぐ事を決意します。
しかし、後先のことを考えない勢いだけの小春に母親が激怒。




それでも懲りず、認めてもらう為に、喫茶店に立つ小春の前に、病院で出会ったある男がやってきます。




コーヒーを出す小春。
男はコーヒーを一口啜り、小春に近づきます。






「相変わらず君は・・・可愛いだけの女だね」





そしてコーヒー代として5円を手渡されて帰って行きました。




翌日も喫茶店を開けますが、
客は一人も入ってきません。




その様子を見た母が、借金家も店も差し押さえられていると小春に告げます。




失意にくれる小春の前に現れたのはあの男とモデル級の美女(まどか)でした。
さらに、もう一人のギャル風の美女(ゆず)も現れ、




男は小春に告げます。





「コーヒー代」





さらに、美女たちは自らの妻であり、ハレ婚夫婦で在ることを告げます。




絶句する小春にプロポーズをする男。




軽薄な態度に激怒する小春は男を追い返すも、
借金のことが頭から離れない。




お金だけを援助してもらうため、男と出会い、
1000万円を援助してもらうも、借金は3000万円。




絶望する小春に。




男は




「家を売ろう」




自らの豪邸を売りはらい、男の妻から責められる小春。




葛藤の中、小春は3人目の妻になることを決意したが・・・・



  > 目次はこちら



●PCの方向け(スマホでもOK)
⇒PCやスマホで楽しみたいむっつりさんへのおススメの電子コミックサイトはこちらで試し読み




●スマホの方向け
 ⇒スマホで本編を読みたいムフフなむっつりさんはここで試し読み!





この記事へのコメント